初対面の相手を受け入れるまでの4つの過程

初対面の相手を受け入れる4つの過程

 

初対面の相手を受け入れるまでには、そこに至る4つの過程があるといわれています。

 

外見

人は見た目が全てではありませんが、初めて顔を合わせる相手については、やはり外見で評価してしまうところが大きいです。

服装や表情といった見た目に分かる要素は、第一印象を大きく決定づけますから、ここに気になるところがあると受け入れるのは難しくなります。

 

心理的には誰とでも平等に接したいと思っても、外見は無視できない要素なので重要だといえます。

ヨレヨレのシャツだとズボラな印象ですし、汚れやシミが見られれば服装に無頓着との評価に至るでしょう。

足元も外見を印象づける大事なポイントですから、サイズが合っていなかったり、薄汚れて見える履き古しは避けるべきです。

勿論、年齢や服装に似つかわしくない靴も、初対面の相手にとって疑問や警戒心を引き起こす切っ掛けになるので要注意です。

ヘアスタイリングや手指の爪、身につけているアクセサリーや使っている財布なども、相手の受け入れを左右しかねない大切な要素です。

 

態度

服装に清潔感が感じられたり、表情が穏やかで安心できることが分かると、人は次に態度を評価するステップに進みます。

態度からは威圧感、あるいは警戒心といったものを感じ取ることができるので、外見と同様に重要な評価ポイントとなります。

偉そうな態度は反発を生みますし、相手の話を聞いているようで意識が他に向いていれば、それはとても失礼です。

話をする時に目を見ているかどうか、興味なさそうにしていないかなどもチェック項目です。

 

当然ですが、初対面では相手に信用してもらうことが一番なので、失礼と思われる態度は避けようとするのが普通です。

しかし、中には意に介さず勝手な振る舞いをする人もいますし、そういう人は早期に相手から警戒されてしまうでしょう。

無表情や仏頂面は、何を考えているのか分からない原因になるので、初対面の相手には笑顔を中心に表情を見せるように心掛けたいところです。

 

話し方

服装に問題がなく振る舞いに常識が見られれば、ようやく話し方を評価する段階に入ります。

人となりは言葉選びや言葉遣いに現れるので、汚い言葉を選んだり粗野に感じさせる話し方は、初対面の前ではNGです。

いきなり馴れ馴れしく話し掛けるのも駄目ですし、かといって丁寧過ぎるのも慇懃無礼となります。

 

人と人の距離感というのは、親しい間柄でも難しいものですが、初対面でも適切な距離が重要となってきます。

常識を感じさせる話し方で、知性が見られる言葉選びや言葉遣いであれば、相手は一定の評価をして信用します。

見た目よりも選ぶ言葉が若者言葉だったり、語尾に癖がある話し方だと相手は戸惑ってしまうでしょう。

言葉選び1つにも年相応というものがありますから、年齢に見合う言葉を気をつけて選んで使ったり、逆に相手の言葉も話し方の中から評価すべきです。

 

それと、会話は双方向のコミュニケーションなので、一方的に話したいことを話すだけの話し方は禁物です。

つい熱が入ってしまい、話が止まらなくなってしまう人がいますが、このような振る舞いは初対面だと特に厳禁となります。

まずはお互いのことを知る会話のキャッチボールが大事なので、こちらが話したら相手に主導権を渡し、ボールが返ってきてから話すことが大切です。

投げたボールがいつまでも返ってこない、もしくは明後日の方向に投げられてしまう場合は、会話が成立しないので受け入れるのは難しいでしょう。

 

話の内容

初対面の相手を受け入れるに至る最後の過程は、話の内容です。

相手の言葉に耳を傾ける価値があると判断されて、初めて評価されるポイントになるわけです。

話が理知的で興味深いか、分かりやすくて面白いかどうかなどが肝心です。

 

直感的に話をする人だと、話の内容を理解したり会話についていくだけでも大変です。

話の流れが飛び飛びになったり、度々前後するような会話だと、内容に集中するので精一杯となります。

反対に、会話のテーマや流れが明確で内容的にも価値あるものなら、相手は真剣に耳を傾けて理解しようとするでしょう。

こういう姿勢にさせる話の内容こそが、相手を受け入れる上で外すことのできない要素です。

 

話の内容は、初対面だと自己紹介から始まり、お互いの趣味や興味を持つ共通のテーマを探るものが中心となります。

相手の受け入れには理解が不可欠ですから、少しでも相手を知ったり理解しようとするものです。

その過程において、意識がそちらに向いてしまう気になる外見、失礼で反感を覚えてしまう態度は論外です。

言葉選びも言葉遣いもそうですし、話の内容があまりにもありきたりだったり、内容が薄く無価値だと受け入れは遠のきます。

 

まとめ

 

誰とでもすぐに親しくなれる人は、これら4つの過程に通じる基本ができているので、性別や世代などに関係なく受け入れられます

親しくなろうとしても受け入れられない人には、過程のどこかに引っ掛かるポイントがあります。

そこを見つけて改善を図ることで、相手の信用を獲得したり信頼関係を築くことができるようになるでしょう。

こちらが相手を受け入れる際も、4つの過程を思い出してつ評価していくと納得できるはずです。

 

人間関係に悩んだら/電話占いで相談

最新情報をチェックしよう!
>悩み解決のヒントをお届けします

悩み解決のヒントをお届けします

このサイトでは私たちが抱えやすい悩みの解決のヒントとなるような情報を発信していきます。また、一人では解決出来ないお悩みを抱えている方や、誰かに話を聞いてほしいといった方の助けになる電話占いの情報を載せております。

CTR IMG