離婚の危機を感じたら【夫婦仲を保つためのポイント】

夫婦間がうまいくいっていないと感じる原因とは?

 

お見合いや恋愛など出会いは様々ですが、お互いが好きになって結婚したのが夫婦です。

しかし、結婚からしばらくすると仲が悪くなるなどして離婚を考える人たちもいます。

離婚まで考えなくても、うまくいっていないと感じている人は少なくありません。

 

実は配偶者に不満を持っている人は、全体の半数以上いるとも言われているので注意が必要です。

 

特に、男性よりも妻である女性の方が不満を抱いていることが多い傾向があります。

男性がマザコンである場合や頼り甲斐がない場合は、女性が男性に対して不満を抱く原因となることも少なくありません。

また、家事や育児を手伝わない夫も不満を抱かれることが多いです。

 

一方、男性は家事や育児をきちんと妻がこなしていないとよく思わないことが多いです。

共働きや専業主婦、夫の方が主婦業を行う場合など夫婦の形によって役割は変わってきます。

 

とはいえ、相手を思い合って家事や育児を助け合うことは大切です。最初はもう少し手伝ってほしいと感じていただけなのに、時間が経つにつれて我慢できなくなることはよくあります。

ただ、これらの原因はお互いが気をつければ修復できるという点では安心です。浮気性や嘘つきとなると、これらの原因とは少し変わってきます。

何回も繰り返していると、相手からの信頼はなくなります。

さらに、両親や子供からの信頼も無くなっていくために離婚することも珍しくありません。やめたとしても、一度失った信頼を取り戻すのは非常に大変なことです。

 

セックスレスも、うまくいかないと感じる原因の一つです。

男性と女性ではしたくない理由は変わってきますが、どうしてダメなのか話し合ってみましょう。

といっても、大体の原因はお互いに話し合えば解決することがほとんどです。

 

離婚や別居を考えるようになる前に、話し合ったり自分を見つめ直すことも大切です。

夫婦の間がうまくいかないと感じ始めたら、相手だけでなく自分自身も見つめ直すことが必要になってきます。

 

夫婦円満になる秘訣

 

 

結婚してから何年も夫婦円満で暮らしていくためには、お互いのことをよく知って尊重し合うことが大切です。

夫婦といっても元は他人ですから、思っていることはきちんと伝えないと伝わりません。

黙っていると何も伝わらず、勘違いから夫婦間に溝が生まれることもよくあります。

円満になるには、まずはコミュニケーションを大切にしてください。

 

普段からコミュニケーションをとっておくと、お互いの理解が深まります

もし、不満を抱いていたとしても負の感情が大きくなる前に相手にどうして欲しいのか言うことができます。

何年も不満を重ねて話すことがないままだと、逆に簡単な会話さえしづらくなるでしょう。

相手のことがわかれば、相手に対しての思いやりもできるようになってきます。

家事や育児も、相談しながら助け合うことも不可能ではありません。

仕事が忙しくて疲れた時は、素直に謝って家事や育児を代わってもらうこともできます。

 

結婚したての頃は大丈夫でも、年齢を重ねたり家族構成が変わると状況も変化します

お互いの親の介護などが問題になったり、年齢と共に家族や夫婦に降りかかる問題はさまざまです。

だからこそ、結婚してから何年たったとしてもコミュニケーションを忘れてはいけません。

 

しばらくの間、会話がなくなってしまっているのなら注意が必要です。

簡単な会話でも良いので、コミュニケーションが取れるように努力してください。

会話をしていても、浮気や嘘をついていると相手から愛想をつかされます。

話せば良いのではなく、相手や家族のことを思いやるようにしてください。

 

自分の行動や発言に責任を持つことも、夫婦円満になるための秘訣です。

特に浮気や嘘は、夫婦仲だけでなく家族の絆にも亀裂を入れかねません。

常に相手の立場に立って、考えることが大切になってきます。

これは、お互いの両親や子供に対しても同じことが言えます。

面倒に思えても、まずは責任を持つ覚悟が必要です。

 

二人では問題を解決できないときには

 

コミュニケーションを頑張っていても、気がついたら溝ができてしまっていたと言うことは珍しくありません。

徐々にできた溝は放っておくと、取り返しがつかなくなってしまうので注意が必要です。

もし、2人で解決できない時はまず周りに相談してみましょう。

第三者の意見を聞くことで、思いもよらなかったことに気がつくこともありますし、話を聞いてもらうことで気が楽になることでしょう。

 

さらに、お互いの勘違いや思い違いであることに気づくこともあります。

子供でも両親でも、友人でもかまいません。

信頼できる相手に、まずは相談してみることが大切です。

ただ、夫婦の内情は周りには話しづらいという状況になることも珍しくはありません。

 

周りに相談できる人がいない時は、電話占いに頼ってみるのも一つの手です。

電話占いなら、自宅や職場から簡単に受けることができます。

相手はもちろん、周囲に知られることもないので安心です。

通常の占いのように、どこかに出かけて気が疲れることもありません。全国、どこからでも試すことができるというメリットもあります。

 

電話占いでは、彼の気持ちを知ったり、今後どうしたら良いのかアドバイスを得ることが可能です。

知り合いに注意されるのとは違い、言われたことを実行するしないは本人の自由です。

客観的な意見をもらったり、立ち止まって自分たちのことを考えるのにちょうど良いのが電話占いと言えます。

修復不可能になってしまう前に、相談したり占いに頼ることも大切です。

 

一度離婚してしまったら、お互いに他人になってしまいます。

再婚する人もいますが、一度できた溝を埋めるのは容易なことではありません。

傷は浅いうちに、どんな形でも対処することが大切です。

お互いに殴る蹴るの暴力があるような時は、話は変わってきます。

できれば、そのようなことになる前にコミュニケーションや占いなどで溝ができないように努力してください。

 

自分たちだけで全てを解決しようとしてどうしようもなくなる前に、手を打つようにします。

勇気がいることですが、円満でいるためには大切なことです。

 

まとめ

 

どんなに相手を好きになって結婚した夫婦でも、年月と共に不仲になっていくことは珍しくありません。

家事や育児の分担や勘違いなど、うまくいかなくなる理由は様々です。

浮気や嘘つきは、本人がしないように最大限の努力をしなくてはいけません。

その他については、コミュニケーションを取れば大体は解決します。

相手に不満を覚える前に、家事を手伝って欲しいなど要望を伝えてみましょう

 

その際に、ただ要望を伝えるだけでなく自分の状況をわかってもらうことも大切です。

例えば、仕事が大変だからしばらく家事の分担を変えたいというように理由も伝えます。

お互いに理由を伝えれば、勘違いも生まれず気持ちよく過ごすことができます。

普段から、家庭のことや仕事のことなど話してコミュニケーションをとるようにしてください

といっても、気がついたら溝ができてしまっていることも珍しくありません。そのような時は、会話を少しずつ増やしてお互いの様子を見ていってください

それでも難しい時は、第三者に意見を求めることが大切です。

 

第三者の意見によって、冷静になれるというメリットが生まれます。

もし、周囲に相談できる人がいない時は電話占いを利用してみることをお勧めします。

電話占いなら、全国どこからでも電話さえあれば受けることが可能です。

占いで客観的に自分を見つめることで、夫婦で何をしたら良いのか見えてくる可能性があります。

夫婦円満になるためには、コミュニケーションや電話占いなどをうまく使いこなすことが大切です。

 

無料鑑定付きの電話占いで相談

最新情報をチェックしよう!
>悩み解決のヒントをお届けします

悩み解決のヒントをお届けします

このサイトでは私たちが抱えやすい悩みの解決のヒントとなるような情報を発信していきます。また、一人では解決出来ないお悩みを抱えている方や、誰かに話を聞いてほしいといった方の助けになる電話占いの情報を載せております。

CTR IMG