元恋人のことが忘れられない…気持ちを切り替えて前に進む方法

後悔があると忘れられなくなってしまう

一度は別れを決断したものの、時間が経過してからも相手のことが忘れられず、後悔の気持ちが湧き上がってくる経験を持つ人も少なくありません。

どのような心理や状況が後悔に繋がってしまうのでしょうか?

よくあるパターンをまとめました。

相手の大切さに気づいた

相手の大切さに気付いた場合がひとつに挙げられます。

カップルが別れに至る際、恋人が自分にとって不必要と感じて別れを決めることがあります。

しかし、いざ一人になってみると、恋人の存在がどれほど自分にとって大切だったのかを実感させられることもあるはずです。

大切なものは失って初めて気が付くとよく言われていますが、これがまさにそのケースであり、別れたからこそ大切さを知ることができるのです。

 

納得ができていない

納得できない想いが後悔を生み出すケースもあります。

恋愛は二人で行うものですので、時には相手の都合や心情の変化により、一方的に別れを切り出されてしまうこともあるものです。

気持ちが離れてしまったのならば仕方ないと考え、一度は恋人の気持ちを受け入れます。

しかし本当は別れたくなかった者の心理としては、どこか釈然としない想いがあり、すっきりと別れを受け入れることはできません。

もっと引き止めれば良かった、別れたくないと言えば良かったなど、後から受け入れてしまった自分の行動を責めてしまう人もいることでしょう。

 

思い出が強い

恋人との思い出も辛さを蘇らせるきっかけになることが多いです。

特に、一緒にいて幸せを感じられることが多い相手だった時ほど、思い出が素晴らしいもののように感じるものです。

笑いあった記憶や楽しかった旅行、一緒にいるだけで幸せだった日常など、思い出を振り返れば尽きません。

こうした輝きに溢れた思い出は、時に後悔の念を増幅させます

二度と戻らないという感覚がより悲しみを大きくし、後悔の気持ちが収まるどころか、時間が経つほどに辛く感じられることもあるでしょう。

このような後悔は元恋人の存在を忘れさせることを阻害すると共に、ただただ辛い毎日を過ごさせる重たい記憶となることもあのです。

まだ好きだと実感してしまう時って?

 

忘れようと思っても、つい思い出してしまう、そして好きという気持ちを改めて気付かされることもあります。

様々なシーンでそうした想いが訪れ、ふと元恋人の影までも思い出させます。

 

思い出の場所に訪れた時

自分の気持ちを再確認する瞬間としては、思い出の場所に触れた時ではないでしょうか。

初めて出会ったお店や一緒に行った旅先など、色々なところに二人の記憶が染みついています。

ありありと思い出は蘇るものですし、心が動かされることで好きという気持ちまでも鮮やかに現れてくるはずです。

 

他の異性と比べてしまった時

他の異性と比べてしまう時に気持ちに気付くこともあるでしょう。

新しい恋人ができた時にも、あの人ならこんな時にはどうしただろう、元恋人の方が良かったなど、過去の記憶と無意識に比べてしまうのも無理もないことです。

 

記憶が蘇った時

何気ない瞬間にふと思い出し、気持ちが揺れ動いた経験を持つ人もいるでしょう

記憶というのは様々な瞬間に蘇るもので、テレビを観ている時や食事をしている時、一人歩いている時など、不意に考えてしまうことがあるものです。

そんな自分をどこかおかしく感じつつも、ふと思い出すことでまだ好きな気持ちが内に秘められていることに気付かされます。

 

 

ココ

ほとんどの人が、香りで元恋人のことを思い出してしまったという経験があるのではないでしょうか?

実は五感のなかでも嗅覚だけは、脳とダイレクトに繋がっているそうです。

香りで特定の人を思い出してしまうのは、本能的な反応なのですね!

復縁率98%の占い師が多数在籍「電話占いヴェルニ」

ふと寂しさが訪れた時

寂しい時に恋人の存在が恋しくなるという人も多いです。

一人で過ごしている時間は、色々なことを考えてしまうもので、特に別れた恋人のことに思いを馳せてしまいがちでしょう。

一緒にいられた時は寂しい思いをせずに済んだものが、一人になった時には耐えがたい孤独を実感するものです。

こうした寂しさは友人や家族などでは埋められないもので、好きだった相手だからこそ埋められる心の隙間があります。

それを知っているだけに寂しさが辛く、やっぱり好きという気持ちも蘇りやすくなるのです。

 

忘れられない元恋人の特徴

 

別れた恋人のことを忘れてしまうこともあれば、ずっと忘れずに覚えていることもあります。

忘れがたい存在だった相手ほど、心に記憶が留められるものですが、どのような人が忘れにくくさせるのでしょうか

 

優しい恋人だった場合は記憶に残りやすいと言えます。

寛容でふとした時にも優しさを見せてくれる人には、大きな愛情を感じるものです。

そして愛情を向けてくれる人と過ごした時間は素敵な時間に思えるもので、思い出した時にも幸せな気分にさせてくれるのではないでしょうか。

ただ、それだけに別れた現実を辛く感じがちです。

 

長く付き合った相手も忘れがたい存在になりやすいです。

交際期間が長く、多くの時間を共有した相手というのは、良くも悪くも沢山の思い出が刻まれます。

自身と深く関わった相手というのは、恋人ではなくとも記憶に残るものですし、大切な人だったのなら余計に色濃く残るはずです。

 

初めて付き合った人を、忘れられないという人も多いでしょう。

沢山の恋愛経験がある人でも、初めて恋人になった人というのは特別な存在に感じるものです。

後に続く恋人にはない感覚もあり、その記憶はいくつになっても残り続けます。

 

一途に愛した相手も大切な存在となり続ける傾向があります。

人を好きになるのは簡単なようで難しいことでもありますが、そうした中で一途になれた相手は、人生においての大切な人となり得るでしょう。

それほどまでに好きになれる相手とは今後も出会えるとは限りませんし、たとえ素敵な人が現れても、過去を超えてくることはないかもしれません。

本当に好きになれる人と出会えた幸せというのは、容易に記憶から消せるはずもなく、ずっと心の中にあり続けるのも自然なことです。

気持ちを前に進める方法

 

やり直せる可能性があるのならば、そのために尽くすのも良いかもしれません。

しかし時には修復ができない関係となることもあるでしょう。

そういった場合は気持ちを前に進めていくことも必要で、そのためにも気持ちの在り方を今一度見詰め直してみることも大切です。

 

過去に縛られないためには、まず客観的な視点を持つことです。

主観的な視点ばかりで考えてしまうと、周りが見えなくなってしまいやすいですし、過去に縛られることで悲しみに暮れる日々に落とし込んでしまいます。

それでは気持ちが抜け出しにくくなるため、一度視点を変えて考えてみましょう

 

例えば周りの異性と比べてみると、実はそれほど魅力的ではなかったり、もっと素敵な人が世の中には沢山いることに気付かされたりすることもあります。

単に周りが見えていないゆえに、元恋人への執着心が強まっていることも少なくありません

異性は星の数ほど存在し、これからも沢山の出会いに期待ができるはずです。

視野を広く持つことで、執着していた自分に気付き、前向きな気持ちへとシフトしやすくなるでしょう。

 

思い切って思い出を処分してしまうのもおすすめです。

別れた後でも、写真やプレゼントの品などを大切に保管している人も中にはいます。

過去のものとすることができているのなら、無理に処分をする必要はありませんが、思い出が自分を縛り付ける存在になっているのなら手放すことも必要かもしれません。

過去を引きずってしまうと、次のステップへと進むことが難しくなりますので、ここで一旦身軽になることを考えてみましょう

 

頭の中の思い出の扱いについても考えてみる必要があります。

記憶を消すことはできないため、せめて美化してしまうことだけは、やめる意識を持つことが推奨されます

思い出を美しいものにしてしまいがちですが、良い思い出としてしまっておくと、記憶から忘れがたくさせてしまうのです。

本当に美化すべき過去だったのか、一度整理を行ってみると、思うほど大事ではないことに気付かされることもあります。

 

最新情報をチェックしよう!
>悩み解決のヒントをお届けします

悩み解決のヒントをお届けします

このサイトでは私たちが抱えやすい悩みの解決のヒントとなるような情報を発信していきます。また、一人では解決出来ないお悩みを抱えている方や、誰かに話を聞いてほしいといった方の助けになる電話占いの情報を載せております。

CTR IMG