LINE未読スルーの心理を男女別に解説!

LINE未読スルーとはどんな状態?

LINEには、送ったメッセージを相手が読んだかどうかを確認できる機能がついています。

その機能を使えば、気になる異性にメッセージを送ったときにあなたのメッセージを読んだかどうかがわかります。

ただ、いつまで経ってもメッセージが既読にならないときもあり、それが未読スルーと言われる状態です。

 

LINEのメッセージを確認するのは、そんなに難しいことではありません。

未読のメッセージがあれば通知バッジが残るため、相手は未読メッセージがあることを認識しているはずです。

そのため、いつまでも未読の状態が続いているのは事情があって読めないのではなく、相手の意思で読もうとしていない状態です。

 

未読のままの原因とは?

未読になっているままの原因は色々とありますが、自分のアカウントがブロックされていたり未読のメッセージを削除されていたりする事も考えられます。

そのようなことを普通は良好な関係を築いている相手にはしませんから、気が付かないうちにネガティブな感情が向けられているということです。

 

なお、どのくらいの期間未読のままであれば未読スルーと呼ぶのかというと、はっきりとした定義は決まっていません。

メッセージを開封しなくても中身は確認できるため、実際に内容を読んだ上で、未読の状態をキープしている場合も多いでしょう。

メッセージをどう扱うか、どのタイミングで開封し、返信するかは人によって異なり、急ぎの用事でなければメッセージの確認に1日や2日くらいかける人も少なくありません。

未読のままでいることに怒りや焦りを感じるかもしれませんが、せめて1日、2日は待って判断しましょう

3日から1週間何もアクションがないようなら、意図的に未読スルーをされている可能性は高いでしょう。

未読スルーをする男性の心理

仕事などで余裕がない

未読スルーをする男性は何を考えているのかですが、よくあるケースは仕事などが忙しくてメッセージを確認する余裕がないパターンです。

プライベートよりも仕事を優先する男性は多いですから、大きな仕事を抱えていたり、残業続きで寝る時間も削っているとなれば、LINEの対応は後回しになってしまいます。

 

また、男性は女性のように同時にいくつもの作業をこなすのが苦手で、一つの物事に集中して取り組む傾向があります。

別のことで忙しいときには、頭を切り替えなくてはいけなくなってしまうため、メッセージを落ち着いて見たいと考えて未読のままで放置しておくことがあります

余裕がない、落ち着いて見たいというのは、優先するべきことが他にあるだけなので、メッセージの主にネガティブな感情を持っているわけではありません。

ですから、こちらも気にせずに余裕を持って対応してあげることができれば、相手からは理解がある人だと好印象を持ってもらうことができます

 

ネガティブな感情を持っている

では、ネガティブな感情を持っている時の心理状況について見ていきましょう。

メッセージを読むのは簡単にできるとは言え、興味のない相手のために時間と手間を割くのは面倒だと考える男性がいます。

好みでない女性にアプローチされていたり、別れた元彼女からしつこく復縁を迫られているときなどに、この面倒だという気持ちが生まれます。

下手に既読にしてしまうと、返信を返さなければいけないという気持ちがあり、未読スルーの状態をキープすることで無視をしてしまいます。

 

駆け引きをしている

これらの心理とは別に、恋愛のテクニックとして未読スルーを使うことがあります。

彼女やこれから付き合いたい女性に対して、あえて未読スルーをしてみることで反応を確認する焦らしのテクニックです。

もし彼女や相手の女性が、そのことで気をもんでいるようであれば、自分のことを大切に思っているということがわかります。

ただ、相手によっては怒らせてしまうので、いつでも使えるテクニックではありません。

未読スルーをする女性の心理

慎重になっている

未読スルーをする女性の心理は、好意的なものであれば何を書こうかと内容を考えている場合があります。

もし、既読にしてしまったら、すぐに返信を出さなければ失礼だと急いで内容を考えます。

すると、相手に気持ちを込めたメッセージが送れません。

そうなると、返信をした後にこういうことを書けばよかったと後悔することになります。

相手のメッセージを開かないで未読のままで確認をし、内容をよく考えてから返信したいと考えている人は多いです。

恋愛では相手に伝えたいことがいろいろと出てきますから、少しでも時間をかけて内容を考えようとする女性の気持ちが、そんな未読スルーの裏側に隠れています。

 

 

 

駆け引きをしている

それから駆け引きのために未読スルーを使うこともあります。

男性も使うテクニックではありますが、メッセージを無視することで相手の反応を確認しようとしています

これで男性をやきもきさせて自分への興味を高めてもらいたいということを狙っています。

それで、未読スルーした女性のことしか考えられなくなり交際することになれば成功です。

 

自分のイメージを気にしている

他には女性ならではの心理が隠れていることがあります。

もしメッセージが届いた直後に返信をすれば、まるでそれを待っていたかのように見えてしまいます。

それでは、他にすることがない暇な女性とか、メッセージを送った男性のことが好きだと思われてしまうからと、あえて無視をします

男性はそんなことを気にしない人は多いですが、女性としてはそう思われるのを嫌がります

 

優先順位が低い

そして、最悪のパターンですが彼氏以外の男性に気持ちが移っている可能性もあります。

もう心の中で別れることが決まっているならば、たとえ今の彼氏でも相手をする暇はないということです。

その状態では、もう返信が来ることはないでしょう。

未読スルーをされた時の対処法

送信したメッセージの内容を振り返る

未読スルーをされたときの対処法ですが、自分の送ったメッセージに問題がないかを考えてみましょう

例えば、趣味の話題を書いたとしても、相手が興味のない分野だと返信に困っている可能性があります。

スポーツやファッションなど友達となら盛り上がる話題も、異性相手では盛り上がらないことは多いです。

ですから、そういう事を考えて、次のメッセージは返しやすい内容にしてみましょう

 

相手が女性の場合

相手が女性なら、相手のことを質問して話題を見つけましょう

休日にやっていることや好きな食べ物など何気ないことでもいいです。

女性はお喋りが大好きで、好意のある相手とはLINEでたくさん話したいと考えている方も多いです。

相手があなたに興味があれば、話題を広がり、自然にメッセージを読んでもらえるようになるでしょう。

 

相手が男性の場合

相手が男性の場合は、相手の趣味など相手が興味のあるものに関して話すと話に乗ってもらいやすいです。

基本的に男性は連絡ツールとしてLINEを利用している方が多く、ダラダラとLINEのやりとりをすることを好みませんので

相手が積極的にやりとりをしてこない様子なら、LINEは連絡手段程度に考え、会っている時に相手のことを知るということを心がけると良いでしょう。

 

男性は狩猟型で追いかけている時に恋に落ちると言われていますので、女性からの連絡は控えめな方が恋愛には優位に働きます

 

相手が自分に興味がないというときは、無理にやり取りを続けるのは逆効果に働きます。

その場合はその相手との関係は一旦落ち着かせ、時期を見て改めて連絡をするのが建設的です。

 

それから、やり取りをしている最中に未読スルーになったときには、返信が早すぎて対応に困っている可能性があります。

気持ちが盛り上がっていると返信が早くなってしまうかもしれませんが、内容をじっくりと考えたい人もいます。

それで未読スルーになってしまうと、相手の気持が冷めてしまう恐れがあるので、ある程度の時間をおくようにしましょう。

恋愛は一人でするものではありません。

相手のペースを思いやる心が大切です。

 

未読スルーされないために気をつけたいこと

相手の立場になって考える

未読スルーをされないために気をつけたいことは、相手の立場になって考えることです。

確かにLINEはいつでもどこでも使える便利なツールですが、逆に振り回されてしまうのはよくありません。

人はみな違ったペースで生活をしていて、LINEだけをしているわけはないのですから、返信が来るまでに時間がかかることだってあります。

ですからメッセージを送ったあとは、余裕を持って相手の反応を待ちましょう

 

また、深夜や早朝などは寝ていたり仕事にでかけたりする時間帯で、LINEを確認できず後回しになってしまう可能性があります。

メッセージを送るタイミングを考えるならば、仕事が終わったあとや昼休み、休日など、忙しくない時間帯にしたほうがいいです。

 

仕事によっては忙しい時間帯だけなく、忙しい期間もあります。

繁忙期と言われる期間であれば、毎日が忙しくて、くつろげる時間はそんなにありません。

彼氏や親しい友人で、そういう相手の状況がよくわかっているならば、負担をかけないようにLINEを使わないことも気配りです。

自分のことを理解してくれていると感じられると、安心と信頼が高まり、二人の関係性はよくなっていくでしょう。

 

やってはいけないこと

そして絶対にやってはいけないのが、返信をするように迫ることです。

どうして返信をしないのか、自分のことが嫌いになったのかといったメッセージを矢継ぎ早に送れば、相手は申し訳ないと思うどころか嫌悪感を抱きます

もし、最初の未読スルーがやむを得ない事情があったとしても、追加で送ったメッセージのために、本格的な無視になることだってあります。

そんな状態になってしまえば、もう関係を修復するのは難しいです。

 

少なくとも嫌われて未読スルーされるようなことを避けるためにも、これまで書いたように余裕を持つことや既読にしない相手の状況を考えることを心がけましょう

関係が壊れていなければ、またLINEでやり取りできる機会は訪れます。

 

最新情報をチェックしよう!
>悩み解決のヒントをお届けします

悩み解決のヒントをお届けします

このサイトでは私たちが抱えやすい悩みの解決のヒントとなるような情報を発信していきます。また、一人では解決出来ないお悩みを抱えている方や、誰かに話を聞いてほしいといった方の助けになる電話占いの情報を載せております。

CTR IMG