男女別に平均の片思い期間をまとめてみました【成功しやすい告白時期は!?】

 

片思いの期間は男女共に1ヶ月以上が大半ですが、実は男女別に見るとかなり差があります。

 

基本的に女性は長くなる傾向で、対する男性は短めなことから、男性の方が片思いをしてから行動を起こすまでの期間が短いことが分かります。

女性だと半年以上片思いというケースも珍しくありませんが、男性は半年未満でアプローチに移行しやすいことが判明しています。

つまり女性は男性よりも思いを温める期間が長く、気持ちがはっきりして機が熟してから思いを伝える人が多いです。

 

一方、男性は結果を早く求めがちですから、自身の気持ちをしっかり確認するより、結果重視で告白に踏み切る様子がイメージされます。

付き合いながらお互いの理解を深めたい、そういう男性側の考え方の傾向が見え隠れします。

 

女性の片思い期間

 

女性の片思いは、半年から1年の間続くケースと、1年以上3年未満のケースが半数を占めます。

1ヶ月未満で告白する人の割合は全体の1割くらいで、残りは1ヶ月から3ヶ月未満、3ヶ月以上6ヶ月未満となります。

少なくとも半数は半年以上時間を置いて、それから思いを形にしたり伝えている形です。

 

片思いの期間が長い理由としては、自身の気持ちを何度も確認する確信が持てるまで告白に踏み切れないなどがあります。

相手と比べて自身がパートナーに相応しいか悩むことも、片思いを長引く理由の1つになっています。

釣り合わない場合を想像して勇気が揺らいだり、告白に失敗して関係が壊れるくらいなら今のままで良い、こういった心の動きも片思いを長くしていると考えられます。

いずれにしても、女性は恋愛に関して慎重な部分がありますから、半年以上様子を見て判断する人が少なくないのも頷けます。

 

1年以上3年未満となると、同性からしても長い方ですが、片思いの期間もここまでくると諦めの境地に入るケースが出てきます。

長いこと踏み切れず一線を越えられないままだと、

自ら片思いの気持ちを疑うようになります。

最初に感じたときめきや好きな気持ちは間違いなのではないか、そう思い始める人が増え始めます。

だからこそ、期間が長いといわれる女性であっても、

3年以上片思いを続けるケースは稀です。

また、3年ともなれば生活に変化があるものですから、片思いを続けたくても続けるのは難しくなるでしょう。

 

 

男性の片思い期間

 

男性の片思いは、女性と違って1年以上の長期にわたる人の割合が、全体の1割に留まります。

1年近く悩み続ける人もいますが、そういう男性の割合も1割を少し上回る程度です。

最も割合が多いのは2ヶ月から3ヶ月の間で、半年以上となると減少傾向に転じます。

2ヶ月以上片思いを続ける人も、全体の2割には届きませんが、それでも割合的に多数を占めているのは確かです。

2ヶ月以上と半年未満の層で3割強を占める割合ですから、男性の3分の1は片思いの開始から半年が経過するまでに告白、あるいは諦めていることになります。

しかも、片思いが1ヶ月程度という男性も珍しくないので、決断や行動が早い人は直ぐに告白をしているといえるでしょう。

 

男性の片思いが短いのは、モヤモヤする期間を長引かせるよりも、早く恋人同士になりたい思いが強いのが理由です。

更に、男女の関係で親密になりたい、関係を確定させて曖昧な状況を抜け出したいという思いもあるわけです。

男性の中には、移り気で次々と多くの相手に恋をする人もいますから、片思いの期間が短いのは必ずしも告白が早いからとは限らないです。

 

ただ、相手を観察して短期間の内に脈があるか見極めたり、脈ありと判断してからの行動が早い傾向があります

女性のように長く思いを秘める男性は少数派ですから、男性で片思いが長い人は一途といえなくもありませんが、自信や勇気がなくて踏み切れないだけともいえます。

とはいえ、半年くらい悩んで結論を出す人は少なくないので、2ヶ月3ヶ月と悩むのはおかしくないです。

 

告白の成功率が高いのはいつ?

 

告白の成功率が高くなるのは、お互いの関係性やそれまでの付き合い方にもよるので、一概にいつと断定するのは難しいです。

ただし、片思いが長引くと告白は難しくなり、悩みが堂々巡りをして答えが出にくくなるのは本当です。

案外、直ぐに行動した方が悩み続けた末に告白に踏み切るよりも、告白が上手くいく可能性があります。

 

告白が成功しやすいタイミングの目安としては、出会って交流を始めてから3ヶ月あたりです。

会社にしても学校にしても、身近で顔を合わせることが多い環境では、自然と相手を意識したり話をする機会が増えます。

このような状況だと、相手の理解を深めたり脈を見極めるのに3ヶ月もあれば十分ですから、3ヶ月が告白に適したタイミングだと思われます。

 

少し早めの2ヶ月や、1ヶ月先延ばしにして4ヶ月目でも問題はありませんが、前者は少し急ぎ過ぎで、後者は悩む期間がやや長い印象を与えます。

生物学の観点だと、相手がパートナーに相応しいか3ヶ月以内に判断する傾向が強いとされます。

それはより確実に子孫を残そうとする本能によるもので、脈がなければ次という、パートナー探しの行動を促す本能がそうさせます。

 

現代では安全に子孫が残せるので、片思いの期間は延びていますが、本能に従うなら3ヶ月以内に告白するのが理想的です。

相手が薄々片思いに気づいているとして、3ヶ月を過ぎていつまでもアクションを起こさなければ、興味がなくなったと思われてしまう恐れがあります。

ただ現代人は子孫繁栄よりも告白の確実性を重視してしまうので、決断が長引くのは仕方がないです。

 

まとめ

 

片思いの期間は女性の方が長く、大半が半年以上を掛けて信頼関係を築いたり、告白のタイミングを計っています。

男性は割と行動が早いですが、内気だったり悩みがちな人は告白までに時間が掛かります。

片思いが短期間でも告白を成功させたり、特別な関係に発展させたいのであれば、相手の感情を揺さぶるのが得策です。

好意を思わせる言動で、そう相手に暗に伝えることができれば成功です。

 

例えば、男女を意識させる会話や言葉選びをしたり、さり気なく好意を伝えるのも手です。

男性は女性の好意に惹かれる傾向があるので、女性の側は好意を伝えるように意識すると、相手の心が捉えやすくなります。

逆に、女性も感情が揺さぶられると相手を意識しますし、好意が伝えられれば悪い気はしないものです。

 

恋愛の基本は信頼関係と、特別な関係を意識させる切っ掛けですから、この2つを念頭に告白まで漕ぎ着けるのがポイントとなるでしょう。

相手の感情を揺さぶるには、とにかく会話を重ねることが不可欠ですが、距離を縮めて隣に座ったり、対面して相手を見つめる仕草をしてみるのも良いです。

急接近や馴れ馴れしい態度は警戒させるので、距離感を測りつつ距離を縮めるのが賢明ですよ!

 

 

最新情報をチェックしよう!
>悩み解決のヒントをお届けします

悩み解決のヒントをお届けします

このサイトでは私たちが抱えやすい悩みの解決のヒントとなるような情報を発信していきます。また、一人では解決出来ないお悩みを抱えている方や、誰かに話を聞いてほしいといった方の助けになる電話占いの情報を載せております。

CTR IMG