諦めたくない!略奪愛を成功させるためのポイントと知っておきたいリスク

焦りは禁物

好きな人に恋人や配偶者がいるとき、仕方がないと諦めることができればいいのですが、抑えられないほどに気持ちが膨らんでしまったら略奪愛を考えるようになります。

でも、思いついたらすぐに行動に移すのは得策ではありません

まず、好きな人が恋人や配偶者を愛しているなら、いきなり出てきた人から好きだという気持ちを伝えられても、迷惑なのでやんわりと拒絶するでしょう。

それでもしつこくアプローチをすればストーカー扱いされて、警察を呼ばれてしまいます。

略奪愛というのは、思っているほど簡単なことではありません

 

それでは、どうすればいいのかというと、やるべきことは好きな人を分析することです。

恋人や配偶者との関係が上手く行っているのかを、普段の言動から見極めます。

そこになにか不満が見えたならば、自分が割って入る隙があります。

ただ、不満を抱えているからといって、それですぐに浮気をする人は少ないでしょう。

可能性ができたというだけで、それで行動に移すのは時期尚早です。

次に相手から恋愛対象としてみてもらえる存在なのかを確認してみます。

二人きりになったとき、異性として意識しているのかとか、何かをしてあげたときに喜んでもらえるのかといったことです。

そこで良い反応が見えたならば、さらに恋人になれる可能性が高まります。

 

そうしたら、どのように好きな人を奪うのかプランを練っていきます。

慎重に距離を近づけていき、好きな人の気持ちを自分に向けていくのが略奪愛を成功させるために必要なことです。

略奪愛を成功させた場合の注意点

好きな人と結ばれるというのは、とても素敵なことですが、それは普通の恋愛の話です。

略奪愛の場合には、そこからたくさんの苦しい思いをすることになります

注意点として挙げられるのは、まず他の人に奪われる心配です。

努力をした結果とはいえ、略奪愛を成功したことは、奪った好きな人は恋人や配偶者がいても新しい恋愛ができる人ということです。

それなら、自分との関係も、絶対に維持できるという保証はありません

今は大丈夫でも、5年後とか10年後になったら他の人に奪われる心配がでてきます。

本当にそういうことが起きるのかはわかりませんが、一度でもそんな考えが浮かんでしまったら、すぐには消えてくれません。

それというのも、好きな人を奪ったことに後ろめたさとか罪悪感を感じることが原因です。

覚悟をした上で略奪愛をしたとはいえ、後ろめたさや罪悪感に悩まされるのであれば、それを解消するために悩みを相談できる相手を作ったほうがいいです

ただ、その相手は誰かというと、次の問題があります。

 

それは略奪愛というのは、世間では反発をもたれる行為であり、周囲の人に祝福されない可能性が高いです。

幸せそうにデートをしていても、そのことで責められてしまいます。

友達はもちろんのこと、家族すらも遠ざかることがあります。そうなると相談できる相手は少なくなります。

そういうときには、心理カウンセラーや占い師のように自分と直接関わりのない関係の、専門的な知識と経験を持つ人に相談をしたほうが良いでしょう。実際に電話占いでは略奪愛の相談がとても多いと言われています。

それから、一人で悩み解決策を探していると、好きな人に対して自然に接することができなくなります。

略奪愛で結ばれた二人なのですが、相談をするときも一緒に行動したほうがいいです。

実は相手も、何かしらの不安を抱えているかもしれないので、その相談もできます。

 

ちなみに、家族や知人から祝福されない状況だと、その後に結婚をするというときにも、結婚式に参加してくれる人がいなくなってしまいます。

残念ながら略奪愛をしたという事実は消えませんから、そういう将来になる覚悟がないならば、好きな人は諦めるべきです

略奪愛を本気で成功させるために知っておきたいこと

 

略奪愛は自分が幸せになる代わりに、好きな人が今付き合っている恋人や配偶者を悲しませる行為です。

相手が別れたあとで結ばれるのであれば何の問題もありませんが、恋人・夫婦であるときにアプローチをして体の関係を持ったと言うならば、不貞行為である事実は動かせません。

その代償として、慰謝料を請求されるリスクは覚悟しておくべきです。

 

慰謝料の請求では、好きな人と相手との関係が重要になります。

恋人同士だけど、婚約をしていなかったり事実婚とは認められない状態であれば、略奪愛に対して慰謝料の請求は難しいです。

つまり夫婦か、夫婦同然の状態であれば、配偶者あるいは婚約者としての権利を侵害されたということで、慰謝料が発生します。

 

では、慰謝料の額はどのくらいになるのかというと、既婚者であれば100万円から200万円が相場です。

それが年収や状況によって増減するので倍以上の支払いをすることもあります。

基本的に慰謝料の支払いは一括で行われます。

手持ちのお金がないというときには、話し合いをすれば分割が認められることもあります。

その場合には、支払いの回数や金額などを細かく定めて、証拠となる書類を作成します。

 

それと略奪愛を本気で成功させようと思っているならば、慰謝料以外のリスクも想定する必要があります。

それは仕事を失うことです。

不貞行為で既婚者を奪ったとなれば、社会的な信用は大きく下がってしまいます。

会社というのは信用が重要視される部分があるので、そういうことをする社員がいることは容認してもらえないこと多いです。

もし、会社の信用を大きく傷つけたということになれば、そのことを理由に解雇されてしまいます。

たとえ解雇されずに済んだとしても、会社からの評価は下がり懲罰的に閑職に回されて出世の道が閉ざされてしまいます。

そういったことを考えると、略奪愛をするときには、事実を誰も知らない場所に移り住み、新しい仕事見つけることも覚悟したほうがいいです。

 

略奪愛を成功させるためのポイント

略奪愛を成功させるために心がけるべきポイントは、好きな人にとって一緒にいることが心地よい相手になることです。

本来ならば恋人や夫婦というのは、何よりも癒やしてくれる存在でなければいけません。

でも、その関係が上手く機能していないときには、他の誰かを求めるようになります。

そこで自分が代わりに癒やしを与える存在になれば、好きな人の気持ちは自分のものになりやすいです。

このときに、つい好きな人が気を許して恋人や配偶者との関係について不満を漏らしたとしても、同調してはいけません。

本人はともかく他人が悪口を言えば、たとえ関係が冷え切っていたとしても反感を感じてしまいます。

徹底的に癒やしを提供することだけに集中すれば、悪口を言わなくても好きな人は恋人や配偶者から離れていきます。

 

そして一緒にいることで癒やされると気がついてもらえたならば、今度は異性としての魅力をアピールできるようにしましょう。

恋人や配偶者にはないものを持てるようにしたほうがいいです。

美味しい料理をつくってあげるとか、共通の趣味で楽しめるといったことをアピールできれば魅力的な相手だと認識してもらえます。

そうして距離を近づいたとき、軽々しく体の関係を持ってはいけません。

もし、一線を越えてしまえば好きな人は罪悪感を持ってしまい、今まで以上に距離が遠くなってしまいます。

略奪愛で大事なのは、体ではなく心です

恋人や配偶者ではなく自分が必要だと思わせることが重要です。

慎重に相手の気持を見極め、完全に自分のものとなったとき体を許しましょう。

その段階になった逆に関係を拒めば、欲求不満を抱いて台無しになります。このタイミングの見極めがとても重要です。

 

そして最後のひと押しになるのが告白です。

いい関係になっても、まだ好きな人が恋人や配偶者と別れていないのならば略奪愛は成功していません。

そこを告白をして、はっきりと決断するように迫れば、相手は誰を選ぶべきかを真剣に考えなければいけません。

これまでのアプローチでお互いを真剣に愛し合うようなっていれば、迷ったとしても最後には自分のものになってくれるでしょう。

 

最新情報をチェックしよう!
>悩み解決のヒントをお届けします

悩み解決のヒントをお届けします

このサイトでは私たちが抱えやすい悩みの解決のヒントとなるような情報を発信していきます。また、一人では解決出来ないお悩みを抱えている方や、誰かに話を聞いてほしいといった方の助けになる電話占いの情報を載せております。

CTR IMG