よりを戻したいと思ってしまう6つの理由

よりを戻したいと思ってしまう6つの理由

 

恋人との楽しい時間を過ごすことができるのは、幸せなことですよね。

ですが、さまざまな理由から別れてしまうカップルもいます。

別れてから、よりを戻したいと思う方もいるでしょう。

その理由についてチェックしていきましょう。

 

一人でいることが寂しい

 

基本的には、一人でいることが寂しいという理由から復縁をしたいと考える方が多いのも事実です。

恋人がいて楽しい時間を過ごせるというのは、一人になる時間が少ないということでもあります。

別れてしまうことで、独り身の寂しさを痛感してしまい、よりを戻したいと強く感じてしまう方も少なくありません。

 

相手に対して執着している場合

 

二つ目の理由として、相手に対して執着している場合です。

 

これは、恋人関係になったことで他の人に比べて会う回数などが必然的に増えてしまうことにより、自分のプライベートの時間の大半を共に過ごす相手であるということで、共にいることが当たり前と感じてしまい執着心が芽生えてしまうケースです。

別れてからも、その執着心が消えない、逆に強く相手を求めてしまいよけいに執着し、常に相手のことを気にしてしまうという点からよりを戻したいと思う理由となる場合があります。

 

 

なぜ別れてしまったのか、理解できていない場合

 

三つ目の理由として、なぜ別れてしまったのか、理解できていない場合です。

 

これは、相手があいまいにぼかしてなんとなく疎遠になってしまう場合や、恋人だった相手を傷つけないためにかなり遠回しな言い方で別れを切り出すなど、はっきりとした原因をぼかしてしまうケースです。

恋愛においては、女性は白黒をつけたがり、反対に男性は曖昧にしたがるという傾向があるので、男性からそうされたといういうケースが多いでしょう。

この場合には、原因が不鮮明であるという点から、別れてからなぜ、どうしてといった疑問が心の中でぐるぐるとめぐることになり、原因を知りたい、自分が悪いのかどうかすらわからなく、納得が行かないために気持ちを整理して前に進むのが難しく、こんな破局の仕方は嫌だという気持ちからよりを戻したいと思ってしまいます。

 

その人以上の異性に出会うことがないと考えてしまう

 

四つ目の理由は、恋人関係であった相手がとても素晴らしい人だった場合にありがちですが、その人以上の異性に出会うことがないと強く思い込んでしまうケースです。

 

この場合には、他の異性が魅力的にみえず、そのためによりを戻したいという気持ちが強くでてしまいます。

これは、相手に対して不満がなく、好感度が高い場合によくあるパターンです。

また、恋愛経験が少ない方や初めて恋愛した方などによくありがちな理由の一つでもあります。

比較対象となる異性が極端に少ないと、判断が難しく恋人だった相手に対して理想的なイメージを抱き続けてしまいます。

 

理解者がその人しかいない

 

五つ目の理由では、理解者がその人しかいないと思うケースです。

 

交友関係が少なく、自分に対しての理解者が少ない場合によくあるパターンの一つともいえます。

悩んでいる時、何か相談をしたいと思った時に恋人が自分の支えになってくれた場合には、相手が自分の最大の理解者だと思ってしまいます。

結果として別れてからも、そのことが忘れられずに、何とかしてよりを戻したいと行動してしまう場合があります。

 

別れた理由がささいなことだった場合

 

六つ目の理由は、冷静に考えるとたいしたことのないすれ違いなど、別れた理由がささいなことだった場合です。

 

人は、常に冷静でいられるわけではないので、時には感情的になります。

恋人関係にあっても、ちょっとしたことで口喧嘩をしたり、すれ違いが原因によりお互いの仲が崩れてしまうこともよくあることです。

ですが、ささいな原因で別れてみたものの、一人になり冷静に考えればたいしたことではない、別れるようなことではないと気付いて、よりを戻したいと思う方も少なからずいます。

 

 

まとめ

 

このように、さまざまな理由から別れた後によりを戻したいと思う気持ちが芽生えます。

ただし、恋人関係というのはケースバイケースであり、すべての人が似たような理由だからといって必ずしも復縁という選択が正しいとは限りません。

 

大切なことは、別れた時の原因をしっかりと認識すること、相手、もしくは自分が悪いのか、それともお互いが原因なのか、また別れた原因によっても復縁したほうがいい結果となるのか、新しい恋を見つけたほうがいいのかしっかりと考えて結論を出すほうがいいでしょう。

 

人によっては、出会いの可能性などはたくさんあること、新たに相性のいい相手が見つかる可能性もゼロではありません。

恋をするということは、時には盲目になりがちですが別れたということは何らかの原因があるということも事実です。

別れてから、きちんと一人で考える時間を作り、何が原因で、復縁をしても同じことが理由で再び別れてしまう結果にならないかなどいろいろと考えて、復縁をするかどうか判断してみることが大切だといえます。

 

恋人として相性というのはとても重要ですが、居心地がいいというだけで判断するのではなく、きちんとお互いが思いやれる関係であるかどうかという点も重視しましょう。

恋人関係にあった時、お互いの行動や言動などを思い返してみて、よりを戻しても問題ないかきちんと考えてから行動してみることが大切です。

上記の理由に当てはまる場合は、感情に流されるだけでなく、自分にとって未来がいい結果となるように冷静に考えてみる時間をとりましょう。

 

最新情報をチェックしよう!
>悩み解決のヒントをお届けします

悩み解決のヒントをお届けします

このサイトでは私たちが抱えやすい悩みの解決のヒントとなるような情報を発信していきます。また、一人では解決出来ないお悩みを抱えている方や、誰かに話を聞いてほしいといった方の助けになる電話占いの情報を載せております。

CTR IMG