好きになってはいけない人を好きになってしまったら?

気持ちの行き先をどうする?

好きになってはいけない人を好きになってしまうと、気持ちの持って行き方に迷うことがあります。

そういう場合は素直に諦めるか、心に秘める、あるいは自分の気持ちを通す、いずれかの選択を行うことになるでしょう

 

諦めるのは最も現実的な選択で、決して言うほど簡単ではないものの、後々のことを考えると無難な答えだといえます。

ただ、気持ちを切り替えきっぱりと諦められる人は限られるので、大抵はズルズルと引きずってしまいがちです。

その場合は心に秘めることになりますが、心の中でくすぶり続け、何らかの切っ掛けで気持ちが大きくなってしまうと大変です。

つまり抑え込む必要がありますから、心に秘めるのも険しい選択肢となります。

 

自分の気持ちを通すのは明らかに過酷な選択ですから、最悪のケースだと相手どころか、相手の家族や友人すら巻き込むことになりかねないです。

このように、好きになってはいけない人を好きになると、気持ちの行き先が課題になります

 

気持ちの行き先の例とは

気持ちを無視したり、気持ちを誤解や錯覚だと捉える方法もありますが、やはり心に浮かんだものを綺麗に切り捨てるのは不可能です。

諦めるのは後腐れしにくい最適解ですが、それも簡単にできれば誰も苦労しないものです。

心に秘める、これは言い換えると気持ちを閉じ込め、押し込めて隠し通すことを意味します。

本人を目の前にしてしまえば、気持ちが抑えきれなくなって暴走したり、一気に溢れ出て自分の気持ちを通す方へと向かう恐れもあります。

人の心は簡単に割り切れるほど単純ではなく、何らかの形で納得や決着をつけなければ、結局はくすぶり続けることになるわけです

 

本気で諦めるつもりであれば、絶対に再び好きにならない形で諦めることが必要です。

例えばわざと相手に酷いことを言って決別したり、物理的に遠い場所に離れて新しい生活を送るなどです。

心に秘める選択を行う場合も同様に、近づいたり顔を合わせられる距離にいると思いが再燃してしまいますから、あえて距離を取ることが必要でしょう。

自分の気持ちを通す、この選択は距離が近ければ近いほど実現の可能性があるので、なるべく身近な一緒に過ごせるポジションの獲得を目指すことになります。

 

とはいえ、相手に既に付き合っている人がいたり、他に恋敵のライバルが存在すると話は違ってきます。

自分の気持ちを通すのも楽ではありませんから、一度冷静によく考えてから結論を出したいところです。

焦って引き返せない選択をしてしまうと、後悔してもしきれないので、気持ちを確認して最終的な結論を出すことが重要です。

 

好きになってはいけない人ってどんな人?

 

好きになってはいけない人とは、そもそも相手との関係性や置かれている状況によって様々です。

身近な好きになってはいけない人だと、親族や既婚者を挙げることができます。

親族は3親等まで法律で結婚が許されていませんが、4親等にあたるいとこ同士であれば可能です。

これはつまり、親族でもいとこなら結婚を前提としたお付き合いができることを意味します。

しかし家族や血の繋がりがある兄弟同士の結婚は不可能ですし、おじさんやおばさん、甥っ子や姪っ子との結婚もできないです。

確かに結婚できなくても恋愛は可能ですが、周囲からすると結婚できない間柄でお付き合いをするのは非常識に見えてしまいます。

一方、既婚者に手を出すのはご法度ですから、いくら好きになってしまったとしても、気持ちを通すのはNGとなります。

このように3親等以内の親族や既婚者は、そもそも好きになってはいけない人だといえるでしょう。

 

他にも恋人の親友や友達の恋人、恋愛が禁止されている職場での片思いも、好きになってはいけないケースだと考えられます。

恋人の親友を好きになるということは裏切り行為を意味しますから、単純に好きになってはいけない人を好きになる以上に厳しいです。

もし秘密にしていても発覚してしまうと、恋人だけでなくその親友との関係性を破壊したり、関係自体を失うことになりかねないです。

友達の恋人を好きになるのも同様に、友達を失うばかりか友達と恋人の関係を破壊することになります。

だからこそ好きになってはいけませんし、そういうものだと一般的に認識されていますが、それでも止められない思いが溢れ出ることはあります。

 

恋愛が禁止されている職場での好意は、心に抱いているだけならまだしも、気持ちが行動に出てしまうとなると厄介です。

言葉の端々に好意が見え隠れしたり、誰が見ても片思いをしていると思われてしまうと困ります。

それが上長の耳に入りでもすれば、呼び出されたり問いただされることになり得るでしょう。

恋愛が禁止されている職場はまだマシな方で、時間は掛かるとしても、職場を変えたり仕事を辞めれば恋愛は可能になります。

 

問題は、法律や倫理的に好きになってはいけない人を好きになる場合で、親族や既婚者、恋人の親友や友達の恋人が対象になるケースです。

生徒による学校の先生への恋心や、逆に先生が生徒に対する恋愛感情を抱くのも、好きになってはいけないケースに該当します。

厳密には、気持ちは自然に溢れてくるものなので禁じることができませんし、思いを秘めるだけならセーフですが、隠し通すのは難しいのでそれが問題となります

 

対処法

 

好きになってはいけない人を好きになった場合の対処法としては、思いを伝えるか他のことに目を向ける、マイナス面を冷静に考える手があります。

思いを伝えるというのは、思いを成就させるのが目的ではなく、フラれて思いを断ち切るのが目的です。

大抵は関係性やパートナーの存在を理由にフラれることになるので、気持ちを諦めることができます。

 

ところが、既婚者でも稀に思いを受け止めてしまう人がいて、そのままいけない関係になってしまうことがあるので要注意です。

フラれるはずが相手がOKを出してしまうと、気持ちが流されて後戻りできなくなります

フラれても未練が残るような場合は、流されてしまう恐れが強いですから、安易に思いを伝えるのはやめた方が良いでしょう。

 

他のことに目を向ける、この対処法は恋愛感情を上回る何かに出合える場合に有効です。

趣味や勉強など誰かを好きになるのと同等以上の充実感が得られるものがあれば、そちらに目を向けることで人を好きになる気持ちは徐々に薄れます。

つまり他のことに目を向けて気持ちの上書きをすると、好きになってはいけない人に心をとらわれずに済みます。

といっても、好きな気持ちはとてもエネルギーが強いので、これを上回るものを探して見つけるとなると困難です。

元々大きな夢や目標があるなら別ですが、新たに探すのは骨が折れるでしょう。

しかし、他に興味を持てることを探すのに労力を費やせば、少なくとも打ち込む間は相手に対する思いを忘れることができるはずです。

 

マイナス面を冷静に考えるというのは、仮にもし思いを伝えて通じてしまった場合、自身や相手とその周囲にどのような問題が起こるか想像することです。

相手が親族だと親戚中で噂が広まり大問題に発展しますし、既婚者が相手となれば修羅場になる可能性が大です。

恋人の親友ならフラれる恐れの方が圧倒的に大きく、友達の恋人となると友人関係が破綻するのは明らかです。

恋愛が禁止されている職場のケースでは、職場に居づらくなってしまったり、転職せざるを得なくなる可能性が想像できます。

 

いずれにしても、何かを犠牲にしたり失うことが前提になるので、好きになってはいけない人を好きになるのは修羅の道です

結果を先に想像すると、マイナス面が見えてきて冷静になれますから、気持ちを通した場合のシミュレーションを行うのは対処法として効果的です。

それでも気持ちが抑えられない時は、諦めるか通すかの大きな二択から選ぶことになるでしょう。

 

何とかやり過ごして時間が解決してくれるのを待つのも手ですが、反対に日に日に気持ちが大きくなることもありますから、受動的に時間任せにするのはやめた方が賢明です。

 

ココ

人を好きになる気持ちは自由で、本来誰かに制限されるべきものではありません。

そして誰かを好きになるというのはとても素敵で貴重なことですよね。

 

ソラ

本気で誰かのことを想うと些細なことでも深く考えます。

うまくいかないからこそ、学ぶことも多いものです。

相手との状況を考え、答えを導き出して乗り越えた時、この恋愛が自身を大きく成長させてくれたということに気づくはずですよ!

 


電話占いで今の気持ちを相談する

最新情報をチェックしよう!
>悩み解決のヒントをお届けします

悩み解決のヒントをお届けします

このサイトでは私たちが抱えやすい悩みの解決のヒントとなるような情報を発信していきます。また、一人では解決出来ないお悩みを抱えている方や、誰かに話を聞いてほしいといった方の助けになる電話占いの情報を載せております。

CTR IMG