借金癖のある彼氏と別れた方法

 

私は以前、借金癖のある彼氏と付き合っていたことがあります。

なんと借金が発覚したのは、付き合ってから3年も経ったときのことでした。

確かに言いにくいことなのかもしれませんが、ここまで長く付き合っているのであれば、やはり結婚も意識するのでできれば早い段階で知らせておいてくれればよかったのにと思っています。

 

しかしよく考えてみれば、その前の段階から、借金があるのではないかというような怪しい言動や行動があったようにも感じます。

 

借金を疑わせる怪しい行動

 

例えば長く付き合っているのに収入や預貯金などを一切教えてくれなかったり、それなりの収入を得ているはずなのに、給料日近くになると毎回のように金欠になっている、一回の金額は大したことはないけれども、お金を貸してほしいといわれることが多いなどの事がありました。

 

私は彼氏の家によく遊びに行っていたので、怪しいと思ってからは、それとなくクレジットカードの明細書や督促状などがないか探してみようと思い、隙を見つけては探していました。

 

しかしいくら探してもこのようなものは見つからず、その当時の彼氏はレシートさえもすぐに捨ててしまうような人だったので、すべて捨ててしまっていたのかもしれません。

 

 

彼の借金を確認する

 

そこで私が借金があるのではないかと確認した方法ですが、全く関係ない話をしているときに、借金があるのではないかと彼に聞いてみたのです。

 

この時の彼氏の様子は、心の準備が全くできておらず、本当に素の反応を見ることができました。しばらく沈黙がつづいたあとに、彼は言いたくないと答えたのです。

普通は借金がなければ「ない」と答えるはずなのに、言いたくないということは、借金があるということはほぼ決まりでしょう。

 

またそのすぐ後に「少しあるけど大した金額ではない」、「そのうち言おうと思ってた」などと話しから逃げようとしている姿が見え、これは大したことない金額ではなく、それなりに大金なのではないかと感じました。

 

借金をしてしまうのはしょうがないけれども、私は何故彼が借金をしてしまったのだろうかといろいろと考えてみました。私は借金を嫌うタイプなので、気軽にお金を借りようとする人の気持ちは全く分りません。

利息がもったいないし、万が一延滞したり滞納した時のリスクはないのか、またこんな生活を続けていれば、いずれ生活を圧迫することが容易に予想できます。

 

彼は楽観的なタイプだったので、きっと働いてるのだからいつかは完済できると思っている、厳しくなったら私や親に頼ればよい債務整理をすればよいなどといい加減に思っているのではないかと感じました。

 

いつかは完済できると思っていれば返す意志があることは感じられますが、計画性がないため、全く借金が減ることもありません。

 

もしかしたらこの時点で私のことをあてにしていたとも予想できます。

 

彼との別れを考えるように

 

私は彼のことが好きだけれども、借金を抱えた彼氏とは別れるしかないのではないかと思うようになりました。

 

借金の総額や金利、借入先など、聞き出したいことが山ほどあるのに、まったく彼はその話と向き合ってくれません。

このような状態であれば、彼との未来はまるで想像できなくなってしまいます。

このような状態では、私も冷静になれなかったので、まずは冷静になって借金の理由を考えました。

 

もしも借金をした理由が、企業をするためなどビジネスをする上である程度必要なものである場合には、私も特に何も問題にはしません。

そのほかにも資産を購入するための住宅ローンや、大学で学ぶための奨学金なども、これらは特に気にしないでしょう。

 

しかし生活のため、遊ぶための借金をしているのでは、これはかなり注意しなければならないと思いました。

 

生活費のためだといえば仕方がないと解釈できるかもしれませんが、生活費は毎日発生するものです。足りない額は少額かもしれませんが、これは繰り返されるリスクもあり、負の連鎖が終わらなくなってしまいます

生活費が毎月足りないということは、身の丈に合っていない生活をしているということです。

また遊びのための借金は、借りることを軽視しているとも言えます。 私はこの時点でほぼ別れる方に気持ちが傾いていました。しかし彼氏を見捨ててしまうような罪悪感に見舞われたのです。

 

どうしてよいかわからずに、私は親友だけにこの話をしました。すると親友もやはり別れた方がよいという考えで、自分の気持ちに正直になることを強く勧められたのです。

 

彼に別れを告げる

 

そして私は意を決して、彼氏に分かれることを告げたのです。

彼は泣いてまで私と別れることを拒みましたが、私としては彼と一緒にいることで未来は全く見えないことや、自分の嫌いな借金に見舞われた生活をしたくないこと、もう信用できないことなどをすべて話しました。

 

もう借金はしないといっていましたが、そのような気持ちがあるのであれば、もっと早くからどうにかしていたはずです。

関係がずるずる続いてしまっている彼氏と決別する方法は、何よりも自分の意志が重要であることを、このことで学びました。

最新情報をチェックしよう!
>悩み解決のヒントをお届けします

悩み解決のヒントをお届けします

このサイトでは私たちが抱えやすい悩みの解決のヒントとなるような情報を発信していきます。また、一人では解決出来ないお悩みを抱えている方や、誰かに話を聞いてほしいといった方の助けになる電話占いの情報を載せております。

CTR IMG